アイウォレットで留意すべき点

導入しているオンラインカジノがなかなか増えない

他のカジノと入出金サービスを共有できればより多くのプレイヤーが来る可能性が増える為、オンラインカジノ側は入出金サービスは共有したいと思っています。そしてその候補として検討されているのが、アイウォレットとエコペイズですが、エコペイズは利用しているユーザー数も多い事から、こちらを使うオンラインカジノが増えています。

〇アイウォレットは速度の部分でトラブルが多い

素早い対応をしているのは、どちらかと言えばエコペイズです。すぐに反映されることや、あらゆる手続きがすぐに終わるようにしているなど、メリットは非常に多くなっています。アイウォレットは、スピードが遅い傾向にありますので、かなり時間がかかります。思っていた以上に時間を使って、オンラインカジノに入金しているために、すぐに始めたいと思っているユーザーにはあまり得をしないのです。
すぐにでも始めたいユーザーが、アイウォレットを使うと遅く感じて、他のサービスを使えばよかったと思います。エコペイズの倍以上かかる手続きもありますので、少しでも早くしたいと考えているなら、エコペイズを使ったほうがいいのです。オンラインカジノとしても、早く対応できるサービスを中心にしていることから、エコペイズに傾きつつあるのは事実です。

〇アイウォレットを利用できるオンラインカジノは少ない

対応しているオンラインカジノは、ジパングカジノ系列やベラジョンカジノ、インターカジノです。これらのオンラインカジノ以外は対応していません。ベラジョンカジノはエコペイズにも対応しているため、どちらかと言えば両方使えるオンラインカジノであり、アイウォレットが特別必要なオンラインカジノでもないのです。
基本的にジパングカジノ系列を使いたいならアイウォレットと契約する必要があります。ただそれ以外のオンラインカジノを使いたいなら、アイウォレットだと入出金が行えないため、エコペイズの契約をしなければなりません。こうした部分が結構大変になっているので、アイウォレットを契約する場合は、ジパングカジノを行う時に使ってください。
利用するオンラインカジノによって、少し変わってしまう傾向も出ていますし、使えるサービスが限定されています。オンラインカジノを遊びたいと思っているユーザーで、入出金サービスをうまく使いたいなら、基本的にアイウォレットとエコペイズの違いを理解することです。

アイウォレットの出金に関するデメリット

出金サービスは、プリペイドカードを発行できれば簡単に使えますし、オンラインカジノとの入金も簡単にできる、これがアイウォレットの良さです。ところがアイウォレットにはちょっとしたデメリットがあります。今まで感じたことのないデメリットの可能性もあり、ユーザーにとっては使いづらいと感じられてしまうでしょう。手数料という概念は、様々なところに影響しているのです。

〇発行したカードには手数料が必要

出金したいと持っている方は、VISAのプリペイドカードを発行してもらう形になります。かなり前に発行しているなら、MasterCardのプリペイドカードになっていますが、どちらでも使えます。出金したいと思っているためにカードを持っていますが、このカードには手数料が必要で、毎月3.5ドルの支払いを行います。この手数料は結構大変ですが、使っていなくても支払の対象となるため、カードを発行しているだけで無駄なお金が計上されます。
しかも更なる問題として、3ヶ月間使っていないと判断されれば、追加で手数料が発生します。何度も出金することがない、プリペイドカードとしても機能を使っていないと判断されれば、手数料が多く取られてしまいます。毎月5ドルの支払いを要求されれば、アイウォレットに入っている金額がどんどん減ってしまうのです。

〇手数料を抑えるためには定期的に利用する

カードの手数料を抑えるために、まずは手数料を抑えるための方法を使います。定期的にでいいので商品を購入して、とりあえずVISAプリペイドカードを使います。何度か使っていれば、利用していることの証明が出てきますので、これで問題なく手数料を軽減できます。ただカードの手数料自体は失われませんので、3ヶ月間利用していない状況を作らないための措置と考えてください。
エコペイズに劣っているとされるのは、カードを発行すると手数料が発生して、どんどん減っていく仕組みです。これらの問題が改善されれば、割と使いやすいサービスとなるのは間違いないでしょう。

〇プリペイドカードを発行しない方法も

手数料を取られるのが嫌なら、アイウォレットのカードを発行しない方法もあります。発行しないなら、それはそれでデメリットが発生し、出金方法が厳しくなってしまいます。それでも発行しないことで、手数料を減らせる良さを持っています。余計な手数料を支払うくらいなら、最初からカードを発行すること無く、振込などで処理する方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です