オンラインカジノのデメリット

グレーな法律

法律の上ではグレーである

日本国内で認可されている、いわゆる「国営ギャンブル」というものは、賭博法という法律の中で認められているギャンブルです。つまり、競馬や競輪、パチンコやパチスロ、宝くじなどといったギャンブルは、国から認可されているということです。
それ以外の認可されていないギャンブル、つまり個人で行う賭けマージャンや賭け将棋、あるいは、警察にばれないように行われているようなカジノなどは、日本国内の法律には違反しているということになります。
お金をかけて何らかのゲームを行うと、それだけで罪になってしまう可能性があるのですから。では、オンラインカジノはどうでしょうか。お金をかけてゲームをしているという点で言えば、賭博法で違反になってしまいます。しかし、オンラインであるという部分がポイントで、現在の賭博法では取り締まることは難しい状態になっています。というのも、オンラインカジノは、ウェブ上のサービスの一種という扱いになりますが、そのサービスが設置されている場所が、海外のサーバーなのです。
つまり、日本から海外にアクセスし、海外にあるオンラインカジノで日本人がプレイしているという形になるのです。そしてその国ではオンラインカジノが認可され、それぞれのお店がしっかりと政府からライセンスをもらって運営しているということがほとんどです。
そのため、その国では法律違反にはなっていないのです。もちろん、日本人が海外に遊びに行って、海外のカジノで遊ぶ分には何の法律の問題もありません。しかし、日本人が日本にいながらにして海外のサーバーにアクセスし、賭博行為を行うということに関しては、現在の賭博は対応できないという状況です。
今後法律が整備される可能性はありますが、今のところ完全にしろというわけではなく、どちらかというとグレーの状態です。実際、不起訴にはなったもののにほんと人のオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたという事件も過去にはありました。その点で、他の国営ギャンブルに比べて不安な面はあります。

キャッシュフロー

キャッシュフローが出にくい

その他のギャンブルと比較して、オンラインカジノはキャッシュフローを出しにくい傾向があります。
なぜなら、そのお金の流れがダイレクトではないためです。このようなウェブ上のサービスは、そもそもが、まずそのサービスにお金を入金し、そこでチップを購入しなければいけないという手間と、さらに増やしたチップを現金に交換して出金しなければいけないという手間があるのですが、さらにそれだけではなく、海外の決済会社に一度お金を振り込み、そこを経由してオンラインカジノに入金したり出金したりしなければいけないので、さらにもうひと手間かかってしまうのです。
そのため、キャッシュフローが生まれにくいというデメリットがあります。今すぐに現金が欲しいという人が気軽に行えるタイプのギャンブルではないということです。