オンラインカジノで逮捕者が出た件

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは

オンラインカジノは、インターネット上に存在するウェブサービスの一つで、プレイヤーはお金をかけてカジノと同じゲームを遊ぶことができます。プレイできるゲームは、ルーレットや、スロット、ブラックジャック、ポーカーなどです。それらに対して購入したチップを賭け、チップが増えれば、それを換金して現金を増やすことができます。
日本国内でカジノは認可されていませんので、オンラインカジノも運営することができません。そこで、日本人がオンラインカジノを楽しむ場合、海外の法律によって認可されているオンラインカジノに日本からアクセスするというスタイルになります。運営会社も運営サーバーも全て海外にあるため、日本の法律では賭博法で裁くことができないとされています。しかし、2016年に気になる事件が一つ発生しました。

スマートライブカジノ事件

海外にサーバーが設置されている「スマートライブカジノ」というオンラインカジノで、日本人のプレイヤーが三名逮捕されるという事件が起きました。基本的に、このスタイルでプレイされてきたカジノのゲームで逮捕者が出るということはこれまで一度もありませんでした。そのため、オンカジプレイヤーたちに大きな衝撃を与えた事件です。しかし、このスマートライブカジノは、他のオンカジと違い少し特殊なシステムを使っていました。これが逮捕につながったようです。

スマートライブカジノ

スマートライブカジノが使っていたシステム

スマートライブカジノは、他のオンラインカジノとはいくつか違う特徴を持っていました。
基本的にオンラインカジノは海外の運営会社が行っているサービスです。そのため、表記は基本的には英語です。そこに日本人が入って楽しむというスタイルが一般的です。しかし、このスマートライブカジノは、お客さんのほとんどが日本人、そして画面に映し出されるディーラーも日本人、さらには、そこで交わされるチャットの会話内容も全て日本語という、完全に日本人向けのサービスとして運営されていたのです。さらに、もう一つ逮捕の大きな原因となったであろうシステムが、BET金額を公開しているというシステムです。スマートライブカジノに参加しているお客さんは、どのゲームでいくら賭けているのかということが、そのシステムでは公開されていました。つまり、警察側がスマートライブカジノを訪れたら、どのプレイヤーがいくらお金をかけているのかということが一目瞭然でわかってしまうというスタイルだったのです。
これらの条件が重なって逮捕者が出たという意見もあります。結局、有罪にはならず不起訴に終わったということと、それ以降表だった逮捕者も出ていないので、これは警察側のオンラインカジノに対する牽制だったという見方もあるようです。