オンカジはイカサマを絶対にしない理由

オンカジはイカサマを絶対にしない理由

オンラインカジノの運営にはライセンスが必要

オンラインカジノで遊ぼうと考えた時に、まず気になるのがそのシステムの中で詐欺やイカサマが横行しているのではないかということです。
しかし、いくつかの理由からオンラインカジノが詐欺を行っていないと言い切ることができます。

まず、大前提としてオンラインカジノは、そのオンラインカジノが存在する国や自治体から認可を受けて運営しています。
そのため、ライセンスを剥奪されてしまうと、オンラインカジノは運営ができなくなってしまいます。
ですので、オンラインカジノがなんとしても避けなければいけないのが、ライセンスの剥奪という最悪の事態なのです。

ではライセンスが剥奪されるのはどのような時かというと、不正行為が見つかった場合です。
オンラインカジノは、不正がないように第3者機関から定期的に監査を受けています。

その監査のなかで、ゲームの運営にイカサマやインチキがないかという部分を厳しくチェックされます。
その結果、不正やイカサマがないと判断されたカジノだけが、ライセンスを剥奪されずに継続して運営していくことが可能になるのです。

高いペイアウトが客を呼ぶ

オンラインカジノがイカサマをしていないと言い切れるもう一つの理由は、ペイアウトを公表しているということです。
ペイアウトとは、日本語で言えば払い戻し率のことです。

つまり、お客さんが賭けに使った金額に対して、どれぐらいの金額お客さんの手元に返しているのかという還元率のことです。
この数字が高ければ高いほど、お客さんからすると儲けやすく、この数字が低ければ低いほど、お客さんからすると儲かりにくいということになります。
そして、この数字もカジノのゲームごとに、第三者から調査をされ、公表されるのです。

ここで数字を発表しなかったり、第三者機関の調査を受けなければ、ライセンスが継続されないですし、クリーンなイメージもつかないのでお客さんが来ません。
逆に、ここで素直に監査に応じて、偽りのないペイアウトを公表し、その数字が高ければ、お客様はたくさん来てくれるでしょう。

オンラインカジノの運営にはライセンスが必要

もしペイアウトが下がったら?

ペイアウトが高いということは、カジノ側の取り分が少ないということです。
逆にペイアウトが低いということはカジノ側の取り分が多いということです。
もし万が一、何らかの方法で監査の目をかいくぐってイカサマが行われたとしても、その結果はペイアウトの数字に表れます。

不必要にカジノ側が勝ちすぎれば、ペイアウトは下がり、その数字を見たお客さんはそのオンラインカジノ選ばなくなるでしょう。
以上のような理由で、オンラインカジノは詐欺を行わないと言い切ることができます。