手軽に大勝負に出る為の方法

日本でもカジノ法案の可決したことで、オンラインカジノの存在もクローズアップされてきた感があります。
オンラインカジノは、ルーレット、カードゲーム等でコツコツと稼いだり、スロットで大当りを狙う醍醐味に魅力があります。
しかし、稼ぐなら効果的な攻略テクニックを知ることが必要があります。

攻略法には何がある?

オンラインカジノには、色々なゲームがあり、スロット、ルーレット、ポーカー、ブラックジャック、バカラなどのゲームがあります。
これらのゲームでは、色々な攻略法が考案されていますが、代表的なベット法としては、モンテカルロ法、マーチンゲール法、パーレー法が有名でしょう。
しかし、それぞれには一長一短がありますが、パーレー法で堅実に稼ぐプレイヤーも少なくないのです。

パーレー法の賭け方

パーレー法は、勝ち続けている間常に倍額ベットで賭け続ける手法です。
この方法では、少額の2倍賭けなら負けた時の損失は小さくて済むのですが、賭け金が大きくなるとそれだけに2倍賭けが難しくなる特性があります。
このことを認識した上で少ない1ドルから始めた場合と、10ドルからの賭け方では、勝った時の配当金が大きく異なってきます。

賭け金を少なくすることで、損失リスクも小さくなりますが、大きなリターンを期待することはできません。

リスクと利益のバランスを考えながら、ベットしていくことが大切です。
10ドルから賭ければ、勝った時の利益は大きくなり高く魅力的ですが、初めは1ドルから低く始めるの無難です。

テーブルのリミットにかからないように

カジノでゲームには、全て1ゲーム事に賭けられる上限・下限金額が決まっています。
必要最低限の賭け金をミニマムベット、1ゲーム時に賭けられる上限金額をマキシマムベットと呼びます。
テーブルリミットの設定額は、オンラインカジノや、ゲーム、テーブルで賭ける金額条件が異なりますが、一般プレイヤーでは、500ドル前後が上限とされていることが多いです。
ハイローラーと呼ばれるプレイヤーに限り、VIP扱いでさらに高額が設定されます。

連勝回数を止めるタイミングを考える

パーレー法は、勝つ回数が増える程に利益が高くなっていく戦法です。
連勝に強いパーレー法ですが、負けた場合は、たった1度の負けで、蓄積した利益が、一気にマイナスへと変わってしまいます。
パーレー法を使う上で、考えておかなければいけない点は、連勝回数を何階で止めるかということです。
大きな損失を出さないためにも、冷静な決断力が必要です。

パーレー法での注意すること

パーレー法は連勝することで利益が高くなっていく反面、ゲームに負けてしまった時は、それまでの利益が全てなくなるリスクがあります。
このようなリスクを回避するために、ゲームのヒットする確率を考慮した賭け方を行うことです。
とくにルーレットのように、50%の確率で勝てるゲームでは、同じ結果が出る確率が平均的に定められています。
確率は統計的な形での数値がデータベース化されているので、かなり参考になるはずです。

連勝が続いている時に、パーレー法のスタイルを止める判断は迷うことでしょう。
しかし、このように連勝回数を設定しておくことで、意識的に止めるタイミングを掴めるのです。

パーレー法の応用

パーレー法の欠点として1回の負けでマイナス収支となることは、前述の通りです。
損失額を出さずにゲームを進めていくには、定めた連勝回数を1サイクルとして、それを繰り返していくことです。
そうすることで、連敗が続いたとしても、利益を残すことができます。

パーレー法の特性

パーレー法は、勝った時の利益を求める戦法なので、連勝すればするほどに稼せげる必勝法です。
この戦法は、短時間で稼げることや、勝った時の利益を高めることができる特性があります。
したがって、1回の負けで利益がマイナスとなっても、連勝さえしてしまえば短時間で盛り返すことができるため、大きな利益を狙いたい人に向いている必勝法と言えるでしょう。
ただし、連勝から枝利益でも、1度の負けでマイナスとなるために、止める引き際も重要となってきます。

また、パーレー法単独で攻めていくのではなく、相性の良い組み合わせで攻めていくことも、さらに高い効果を発揮します。
パーレー法は勝った時に利益を生み出し戦法なので、連敗が続くようになった時に損失を回収することができる戦法と組み合わせて使用することがいいでしょう。
例えば、マーチンゲール法等は、負けた時に2倍にしていく戦法でパーレー法の逆のパターンです。

パーレー法の効果のあるのゲーム

パーレー法が使用できる賭けは、50%確率で勝てるがゲームとなります。
主にルーレットで使用できる2倍配当となる赤黒賭けや、19~36、1~18どちらかに賭けるハイロー賭け、基数偶数賭けがあります。
また、ブラックジャックでも、ディーラーとプレイヤーの1対1の勝負をするゲームでも使えます。
また、バカラも、バンカーかプレイヤーの勝つ方に賭けるので、パーレー法が通用するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です