違法性がないことが証明された不起訴

少々ショッキングかもしれませんが、オンラインカジノでは過去に二回ほど、逮捕劇がありました。
そのため、オンラインカジノに対してネガティブなイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、むしろ二つの逮捕劇から、オンラインカジノが安心できるものだと分かります。

なぜオンラインカジノが安心できるのか。
少々逆説的ではありますが、二つの逮捕劇を振り返ることで、オンラインカジノが法律的に「問題ない」ものだと見えてきます。

カジノカフェの経営者に対する逮捕劇

カジノカフェの経営者に対する逮捕劇

一つ目の逮捕劇はインカジやカジノカフェの経営者たちです。
2000年代前半、インターネット普及期にはインターネットそのものを提供するサービスも多数登場しました。
漫画喫茶がまさにその名残ですが、まだまだスマートフォンもなければ、パソコンの普及率もそこまで高くはない時代でしたので、インターネットはまだまだ「一部の人のもの」でした。

一方では常時接続・高速接続が提供されるようになったことから、インターネット産業は大きな飛躍を遂げる時期でしたが、まだまだインターネットが遠い存在の人もいましたので、インターネットに接続したコンテンツをサービスとして提供する業者が多数登場しました。

インカジやカジノカフェもその一つで、通常は喫茶店営業をしているものの、その傍らオンラインカジノも提供。
お客にオンラインカジノを楽しめる専用のコインを販売することで、お客がオンラインカジノを楽しめるようになりました。
オンラインカジノの注目度もあり、インカジやカジノカフェは多数登場したのですが、賭博開帳の容疑で経営者、店長、スタッフが多々逮捕されました。

結果、世間には「オンラインカジノは違法だ」といったイメージが植え付けられてしまったのですが、この逮捕劇の肝は「オンラインカジノを楽しんだから」「オンラインカジノを提供していたから」ではなく、「ギャンブルを提供していたから」です。
つまり、オンラインカジノではなく、花札やトランプ、あるいはちょっとした賭けであれ、お客からお金を取って提供していたことによる逮捕です。
オンラインカジノそのものが法律に触れたのであれば、提供者だけではなく、プレイヤーも逮捕されていたことでしょう。

オンラインカジノプレイヤーに対する逮捕劇

オンラインカジノプレイヤーに対する逮捕劇

インカジやカジノカフェは経営者サイドの逮捕劇でした。
オンラインカジノ云々ではなく、ギャンブルを提供していたことによるものでしたが、2016年、プレイヤーが逮捕されました。
今回は純粋なプレイヤーが逮捕されたのですが、逮捕はされたものの、起訴にまでは至りませんでした。

日本国内では「逮捕されたアウト」な風潮が流れていますが、逮捕段階はいわば「疑わしい」であって、逮捕の段階で罪が確定した訳ではありません。
逮捕され、容疑を固めてから「起訴」となり、裁判所から罪状が言い渡されて初めて「有罪」となるのですが、逮捕されたものの起訴されなかったという事実は、つまりは「有罪ではない」を意味しています。

実際、逮捕に関しては法曹界からも意見が陳述されるなど、異例づくしでした。
法曹界としても決してオンラインカジノの味方をしていた訳ではなく、法的見地に基くのであれば、プレイヤーを逮捕するのであれば胴元も逮捕しなければおかしいという主張でした。

日本の警察としては、オンラインカジノそのものは海外の業者で、かつ海外のサーバーであることは十分に承知していたものの、増加傾向にあったオンラインカジノユーザーに対して何らかの形で釘を刺したかったのではないかとも言われていますが、結局は不起訴・釈放。

そして、この不起訴はいわば「今後もしも同じ条件で逮捕したとしても不起訴になる」ことが決まった瞬間でもありました。実際、この件以降、オンラインカジノのプレイヤーの逮捕はありません。

二つの逮捕劇がオンラインカジノの立ち位置を確定させた

二つの逮捕劇がオンラインカジノの立ち位置を確定させた

多くの人が誤解しているのですが、違法か合法かは六法全書で決まる部分もあれば、裁判所が決める部分もあります。
オンラインカジノが違法か合法なのかは六法全書には明記されていません。
法律に基づき、何かに違反していないのか等を裁判所が決めることで初めて有罪が確定するのですが、オンラインカジノの逮捕劇は裁判所にまで進まなかったことを意味しています。

警察としてはくぎを刺したかったのでしょうが、皮肉なことに、その警察の動きがオンラインカジノが法的にセーフであることを証明した形となりました。

まとめ

オンラインカジノの法的解釈は様々ではありますが、警察が動いたことで、むしろ「白」であることが証明される形となりました。
今後同じ罪状で逮捕したところで同じように不起訴になることが決まった瞬間でもありましたので、オンラインカジノの法的解釈に関しては一つの帰結を見たと考えて良いでしょう。
その点では、警察の逮捕劇に感謝しているオンラインカジノ業者もあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です